補助金・全量買取り

太陽光発電設備投資で使える、補助金・優遇税制に関しては規定数に達し、受付が終了している物や、逆に、補正予算で追加される物など、時期により内容が大きく異なりますので、お問合せ下さい。

【本社専用受付】 028-663-6300  メールはこちらから
 

 
 

固定価格買取り制度


平成29年度の固定価格買取り制度の「売電単価」はこのようになっております。

■全量買取(10kW以上)

平成29年度
(2017年4月~)
 全量買取単価(税抜)  21円/kWh
 買取期間 20年間

■余剰買取(10kW未満)

電力会社
(出力制御対応機器 義務の有無)
平成28年度 
 買取り価格  
【義務なし】
東京電力、中部電力、関西電力
 
28円/kWh
 
【義務あり】
北海道電力、東北電力、北陸電力、
中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
 
30円/kWh
 買取期間 10年間

①全量買取りとは
太陽光発電の設置規模が10kWを超えるもので、産業用とも呼ばれます。
発電した電力を「全量」売電することになり、売電期間も20年と長期になります。個人住宅などでも10kW以上の設置の場合は全量買取りを選択することが可能です。

②余剰買取りとは
太陽光発電の設置規模が10kWに満たないもので、住宅用とも呼ばれます。
発電した電力のうち、自家消費を差し引いて「余った」電力を売電することになり、売電期間は10年となります。会社法人でも10kW未満の余剰買取りを選択することは可能です。
 
簡単に最新単価でのシミュレーションを致しますので、気軽にお問合せください。   

  •   お問合せ